公演情報  
葛飾フィルハーモニー管弦楽団 第53回定期演奏会
文化芸術創造モーツァルトホール 6月4日(日)14:00開演
指揮:太田 弦
一般前売  好評発売中  会員予約  好評発売中 
全席指定 =指定席
【一般】 ¥1,000
【会員】 ¥900
【当日】¥1,500
※当日券は会員割引なし
※未就学児入場不可
チケット予約


インフォメーション
公演内容出演者予定曲目

公演内容

国際コンクール第2位入賞の指揮者を迎えて

今回の葛飾フィルは、指揮に太田弦氏をお迎えし、19世紀のドイツで活躍した作曲家の曲を演奏します。
ドイツ・ロマン派オペラを発展させたウェーバー、新しい表現手法を追求したワーグナー、楽曲構成を徹底したブラームス。三者三様の音楽をお楽しみください。


出演者
指揮:太田 弦
1994年北海道札幌市に生まれる。幼少の頃より、チェロ、ピアノを学ぶ。
東京芸術大学音楽学部指揮科を首席で卒業。学内にて安宅賞、同声会賞、若杉弘メモリアル基金賞を受賞。
2015年、第17回東京国際音楽コンクール〈指揮〉で2位ならびに聴衆賞を受賞。
これまでに大阪フィルハーモニー交響楽団、群馬交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団を指揮。
また2016年には、第25回国際音楽祭ヤング・プラハに招かれ、ドヴォジャークホールにてプラハ・フィルハーモニア管弦楽団と共演しヨーロッパデビュー。
指揮を尾高忠明、高関健の両氏、作曲を二橋潤一氏に師事。山田和樹、パーヴォ・ヤルヴィ、ダグラス・ボストック、
ペーター・チャバ、ジョルト・ナジ、ラスロ・ティハニの各氏のレッスンを受講する。
現在、東京芸術大学大学院指揮専攻修士課程に在籍中。


予定曲目

ウェーバー:オイリアンテ序曲
ワーグナー:トリスタンとイゾルデ 前奏曲と愛の死
ブラームス:交響曲第3番


主催:葛飾フィルハーモニー管弦楽団

▲ ページトップへ