公演情報  
かつしかシンフォニーヒルズ開館25周年 記念コンサート♪
井上道義・小林愛実・NHK交響楽団
モーツァルトホール 5月28日(日)16:00開演
井上道義・小林愛実・N響
一般前売  好評発売中  会員予約  好評発売中 
全席指定 =指定席

【一般】SS席¥6,800 S席¥6,000 A席¥5,000 B席¥3,000 Z席¥2,000
【会員】SS席¥6,300 S席¥5,500 A席¥4,500 B席¥2,500

チケット予約


インフォメーション
公演内容予定曲目

公演内容

ベストクラシックス モーツァルトの芳醇&ビゼーの熱情

25年目のアニバーサリーを国内最高峰のオーケストラと共に!

かつしかシンフォニーヒルズが開館25周年を迎える。昭和61年、当時のウィーン市長が、来日する飛行機内で映画「男はつらいよ」を鑑賞し、葛飾とウィーンの風土に同じ香りを感じたことに端を発し、翌年葛飾区とウィーン市フロリズドルフ区は友好都市の提携を結んだ。その後ウィーンと湯布院を聞き間違えた寅さんが彼の地を訪れるに至り(映画「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」)、この2都市間の交流は広く知られることとなった。

ウィーンの楽友協会大ホールと同じくシューボックス型を採用したモーツァルトホール。そしてホール前に立つモーツァルト記念像のレプリカは、世界で唯一オーストリア共和国の許可を受けた貴重な像だ。音楽の殿堂の意匠を受け継いだシンフォニーヒルズは、開館以降葛飾区の重要な文化発信地として在り続け、クラシック、ポップスともに魅力溢れるコンサートの数々は区民のみならず首都圏の音楽ファンの注目を集めている。

小曽根真の熱演が記憶に新しい「ラプソディー・イン・ブルー」から2年、NHK交響楽団がシンフォニーヒルズに帰ってくる。マエストロ・井上道義と共に響かせるのはビゼー、そしてモーツァルトの名曲プログラム。更にトップピアニスト・小林愛美が華を添える。国内最高峰のオーケストラが放つ響きに身をゆだね、これまでの25年とこれからの25年を祝う。この特別なコンサートを楽しみに待ちたい。


予定曲目

ビゼー:「アルルの女」第1組曲
モーツァルト:交響曲第35番 ニ長調 K.385「ハフナー」
モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488
ビゼー:「アルルの女」第2組曲


▲ ページトップへ