国際交流  
イベントや講座の活動記録
文化芸術創造イベントの活動記録
- 27年度 夏だ!! かよちんと遊ぼう! ワークショップ 終了報告
- 26年度 かよちん夏のワークショップ 終了報告
-

「JinJinのギターワークショップ」 終了報告

- 25年度 かよちん夏のワークショップ 終了報告
- 第3回日本の面展を開催しました!
- 24年度 かよちん夏のワークショップ 終了報告
- 「仙道さおりのカホン・ワークショップ&ミニ・ライブ」 終了報告
- 「ワンディ さくっと狂言 in かつしか」 終了報告
- 23年度 夏のかよちん『シンプルに油絵』 終了報告
- もりちよこと野口義修のうたづくり<作詞・作曲>1日セミナー 終了報告
- プロカメラマン加古政雄による 1日動画教室 終了報告
- 葛飾吹奏楽団ジュニアバンド 第6回ハートフルコンサート
- ルドルフとイッパイアッテナ『舞台裏体験講座』 終了報告
- 落語家講座おさらい会 終了報告
- 小林十市バレエ講座 Cコース・Dコース 終了報告
- 小林十市バレエ講座 Aコース・Bコース 終了報告
- 夏のかよちんと遊ぼう!「型をとって油絵してみよう!」 終了報告

27年度 夏だ!! かよちんと遊ぼう! ワークショップ 終了報告
実施日=8月20日(木)・21日(金)・22日(土)・23日(日)
時 間=8月20日(木) 13:00~17:00 デッサンコース
    8月21日(金) 10:00~17:00 油絵コース
    8月22日(土) 10:00~17:00 工芸コース
    8月23日(日) 10:00~17:00 アロマコース(親子参加型)
【8月20日(木) デッサンコース】
13:00~ 

15:00~
16:00~
和紙ってなーに? ~ 説明
絵を描く
額を作る ハンコを作って額にスタンプで模様をつける
講師講評

ボールペンでじっくりと小さいところまで描くデッサンを体験しました。
はちみつ屋さんになったかよちん先生が、モチーフとしてミツバチを用意してくれました。
虫めがねで覗き込みながら、ハチの細かいところまで和紙に書き込んでいきます。
描きたいモチーフを持ってきてと案内したら、ランドセルやお人形、ラグビーボール、他にもお財布やしいたけなどもあって、みんな自由に描いていきます。
一番大事なのは、どこから見て描いていくかという構図。いろいろと向きを変えながら、自分がベストと思ったアングルで描いた作品は、どれも個性的で楽しいものばかりでした。
描いたデッサンを飾る額もカラフルなオリジナルの額を作りました。


参加者の皆さんの作品展覧会を開催しております!

こちらからぜひご覧ください⇒ CLICK!

【8月21日(金) 油絵コース】
10:00~ 


12:00~ 
13:00~ 
16:00~ 
説明
キャンバスを貼る(木枠と布)
下絵
お昼休憩
油絵を描く
講師好評・作品鑑賞
今回は、キャンバスを貼ることからスタート。麻袋にあらかじめ白色をペイントしたキャンバスと木枠をかよちんが用意してくれました。ぎゅーっと引っ張りながら、釘とかなづちでトントン貼っていきます。
キャンバスが出来たら、今度は紙に下絵を描きます。
下絵が完成したら、いよいよキャンバスに向かいます。
パレットにいろいろな色の油絵の具を絞り出して、 混ぜたりしながら、思いどおりの色を作ります。
下絵を見ながら描いていきますが、筆だけでなく掌や指も筆代わり。

固定観念に縛られない独創的な色使いが素晴らしい作品がたくさん完成しました。


参加者の皆さんの作品展覧会を開催しております!

こちらからぜひご覧ください⇒ CLICK!

【8月22日(土) 工芸コース】

10:00~ 

11:30~ 
11:45~ 

12:00~ 
13:00~ 
16:30~ 
16:45~ 

ランプの説明
ろうそく作り ~ いろいろ実験してみせる
道具の説明
一斗缶の板を手袋をつけて磨く
一斗缶をトントン穴をあけてみよう
お昼休憩
板の折り加工~組立~リベット留め
ろうそくをランプに入れて点灯テスト
みんなで点灯式

今年の工芸は金属加工!一斗缶を裁断した板でランプを作りました。
ろうそくは、オリーブオイルに芯を浮かしただけの簡単なものですが、その原理とかを説明しました。
次はいよいよランプ本体作りです。先ずは各々の作業場を確保。
一斗缶から切り出した板と合わせ固定するためのリベットなどの材料を用意して、全員、安全のため手袋をつけて作業します。
板の切り口をやすりで磨いた後は、ロウソクの明かりが綺麗に映し出されるように、板に釘で穴を開けます。
全員でトントントントン♪鍛冶屋さんの作業場みたいです。
ハート、ロケット、ワンちゃん、星、蝶など、様々な模様が出来上がりました。
板が出来たら組立。丸めたり折り込んだりしながらリベットで留めていきます。
ここは力もいるので大人スタッフ総出で一緒に作りました。
ランプ本体にロウソクをセットしたら完成!そして、みんなで点灯式をしました。


【8月23日(日) アロマ石けんコース】 *親子参加型

10:00~ 
10:15~ 
11:00~ 
14:30~ 
16:00~ 

石けん作りの説明
石けんの中身作り(入れるもの選定)
石けん作り、クリーム作り
石けんを飾るかご作り
飾り付け~完成

<石けんレシピ>
けん素地 100g
グリセリン   5g
ハチミツ    10g
花びら(オイル・ハチミツ漬) 6g
乾燥したハーブ系 3g
茶葉(ミント・どくだみ・レモングラス・花茶・ジャスミン・ほうじ・くわ) 3g
プロポリス 又は 精油 2滴ぐらい

ハチミツ屋になったかよちんと毎日のアロマセット作りをしました。
ハーブや茶葉などを煮出して、香りや効能の素を作り、中にはプロポリスなども数滴垂らして石けんの素地に練り込んでいきます。
ちょっと色はキレイじゃないけど、形も香りも効能?もオリジナルなものが出来上がりました。
完成品は、針金と葦の弦で編んだ特製のカゴに入れて、オーブンシートで包み贈答品みたいに飾りつけました。


▲ ページトップへ

邦楽『箏』体験講座 終了報告

古来より継承されている弦楽器「箏」は、普段私たちにはあまり馴染みがありません。
ですが、箏の音は必ずどこかで聴いたことのある音で、懐かしく感じます。
そこで、全く箏をさわったことがない人、ちょっとだけ経験がある人など、クラスを分けて体験講座を計5回にわたり開催しました。
目標は、「箏」といえばという曲を弾けるようになること。
でも、難しい演奏ばかりではつまらなくなってしまうかもしれません。皆さんが日頃から慣れ親しんでいる「ディズニーソング」も弾いてみました。 初心者クラスの課題曲は「花筏」。
先ずは、自分にあった「爪」を選んで、箏の前に座ります。そして、箏の各部の名前を覚えます。調弦は先生がしてくれますが13弦の順番は覚えなくてはなりません。でも、稽古の前に柱(じ)は自分でたてます。
半音上げたり、小刻みに音を出すトレモロ奏法など、テクニックがちょっと必要な弾き方も習います。
子どもも大人も男性も女性もいる初心者クラス。弦を弾くだけで音が出てメロディになることにちょっと感激。ディズニーの「It’s A Small World」「Mickey Mouse Club March」も楽しく弾けるようになりました。定番の「さくら さくら」も弾けちゃいました。
初心者クラス、皆さんとても筋がいいです。
毎回2時間の講座ですが集中しているので、終わるとちょっと疲れてしまいます。


経験者クラスは、5名の少人数クラス。
課題曲は「春の海」。
箏を始めたら、誰もが弾いてみたいと思う曲です。
うん十年ぶりにさわりましたという受講者など、経験者とはいえ普段弾いているわけではないようです。
コツはわかっていても、「春の海」は、楽譜を読み解くのも難しい曲なのです。

最終日は、講座8時間+自主稽古の成果を発表しました。なんと、会場は、シンフォニーヒルズ「アイリスホール」。発表会は、一般の方にも公開して、ご家族や保護者も一緒に応援しました。
「さくら さくら」の全員合奏ではじまり、初心者クラスの「花筏」、経験者クラスの「春の海」。皆さん、本番に強い!
最後は、全員でディズニーソングを2曲披露しました。
短い期間に各クラス共、全4曲を覚えたわけで、講師の寺井先生も驚いていらっしゃいました。
発表会の後は、寺井先生と尺八の黒田さんによる「箏×尺八 DuoConcert」のコンサートを開催。一日中、邦楽を楽しみました。

開催日時

初心者:10:00~12:00
経験者:14:00~16:00

3月8日(日)
3月15日(日)
3月21日(土)
3月22日(日)

3月28日(日)*成果発表会
対 象 小学3年生以上の区民・一般
会 場 シンフォニーヒルズ別館「レクリエーションルーム2」
講 師

寺井結子

受講料 初心者クラス2,500円 / 経験者クラス3,500円

▲ ページトップへ

26年度 かよちん夏のワークショップ 終了報告
テーマ『ecoをかんがえる』
実施日=8月25日(月)・26日(火)・27日(水)
時 間=8月25日(月) 13:30~16:00 デッサンコース
    8月26日(火) 10:00~17:00 油絵コース
    8月27日(水) 10:00~17:00 工芸コース
会 場=かつしかシンフォニーヒルズ別館4階アトリエ
【8月25日(月) デッサンコース】
木炭を使って、本格的なデッサンを体験しました。
木炭は、どんぐりの木の枝から作ったものを使いました。
かよちん先生お手製の木炭は、木の枝の質感がそのままで、なめらかな描き心地です。

画用紙に見える紙は、『木炭紙』といって、木炭画に適しています。
この木炭紙に、大きな木を描きました。
頭から木が生えていたり、微笑んでいるようにみえる木など、ユニークな木がたくさんできました。


参加者の皆さんの作品展覧会を開催しております!

こちらからぜひご覧ください⇒ CLICK!

【8月26日(火) 油絵コース】
10:00〜  『ひみつきち』作成
12:00〜 お昼休憩
13:00〜  油絵
16:00〜  講師講評・作品鑑賞
油絵のキャンバスも、かよちんお手製です。
キャンバスの裏側に、太めの枝や紐、フックをつけて、ちょっとした収納ラックをつくったり、飾り付けをしました。
枝をつける時は、力いっぱいドライバーを回すので、大きいお友達が、小さいお友達を手伝って、一緒に作業しました。
キャンバスを机に立ててその前に座ると、自分だけの空間(=ひみつきち)ができたみたいで、ワクワクします。
一緒にひみつきち作りをして、一緒にお弁当を食べて、初めて会ったお友達ともすっかり仲良くなりました。午後からは、いよいよ油絵です。
今回もみんな思い思いの絵を、元気いっぱいに描きました。
いつも元気なかよちん先生と、お父さんのような優しい三好先生から、たくさんアドバイスをもらいました。
色を重ねて、壊して、また重ねて、ひっかいたり指を使ったり、色んなことを試して工夫して、ステキな効果がうまれました。
最後は作品発表会です。
長い1日、そしてあっという間の1日でした。みんな時間いっぱいに一生懸命描きました。
作品とあわせて、感想や工夫したところも発表しました。また、たくさんのお友達の作品も鑑賞することができました。
皆さんの作品を、公開しております。
ぜひご覧ください。

参加者の皆さんの作品展覧会を開催しております!

こちらからぜひご覧ください⇒ CLICK!

≪番外編≫

かつしかFMさんが、取材にきてくださいました!
リポーターのお姉さんのインタビューに、元気に答えました。

【8月27日(水) 工芸コース】

かよちんワークショップ、初めての工芸です。
染色(型染め)で、オリジナルのテディベアをつくりました。
作業工程
(1) 頭、胴体、手足、耳の各パーツに、古布や綿を詰める。
(2) 耳以外のパーツをつなげる
(3) 耳を縫い付ける(またはボンドでつける)
(4) 型染めで模様を入れる
(5) 完成

古布や綿は、木の棒等を使って、隅々までぎゅうぎゅうに詰めます。
テディベアの素材は、少し厚めのキャンバス地です。

頭と胴体は、真ん中に木の棒を通してつなげます。
手足のパーツは、予め胴体に通してある針金でつなげます。
この作業はちょっと難しいので、先生方がやりました。

耳を縫い付けます。素材の布が厚くて固いので、ちょっと大変です。
裁縫が難しい子は、ボンドで耳をつけました。
テディベアの形ができあがりました。
いよいよ染色です。今回は、型染めという技法を用いて、テディベアに模様をいれました。
模様を入れたいところに、型抜きしたシールを貼って、平筆で叩くようにして色を入れます。
グラデーションをつけたり、模様を反転させたり、たくさん考えて工夫しました。
最後は作品発表会です。
耳の位置、色合い、表情がみんなそれぞれで、可愛らしいテディベアができました。
世界で一つだけのテディベア、大切にしてくださいね。

▲ ページトップへ

「JinJinのギターワークショップ」終了報告

貴方も“ジョアン・ジルベルト”になれる!?と題して、全4回のクラシックギター・ワークショップを開催いたしました。
講師は、日本のブラジル音楽界を代表するギタープレイヤーのJinJin(じんじん)こと長澤紀仁(ながさわのりひと)。多くの若手アーティストにも手ほどきする実力派ですが、下町大好きの庶民派。
女性の受講者も多かったので、急遽助っ人をお願いしたのは、師匠の元弟子。八ヶ岳在住のナナマリさん。ボサノヴァのようにゆったりとした時間が流れているように感じたのは、JinJinとナナマリさんが講師だったからかもしれません。
このワークショップの最終目標は、「イパネマの娘」を弾き語るという初級者にはハードルの高いもの。しかしながら、最終日にはJinJinと「イパネマの娘」を一人ずつ合奏。人前で弾き語るなんて普通なら緊張するものですが、皆さん度胸あります。このワークショップ期間中に初めてギターを購入した方もいましたし、JinJinの講評にもありましたが、想定以上に目覚ましい上達が感じられました。
次回企画は、中級者編でいってみましょうか?ねぇ、JinJin。

開催日

【9月21日(土)】13:30~16:30
受講者レベルチェック/ブラジル音楽?/デモ演奏/グループ分け
【9月28日(土)】13:30~16:30
グループ別レッスン/歌ってみよう/弦の張り方/歌入りデモ演奏
【10月19日(土)】13:30~16:30
JinJinの個別レッスン
【10月26日(土)】13:30~17:00

グループ別レッスン/JinJinと合奏/講評/ミニライブ
対 象 一般・区民(クラシックギター初級者)
会 場 かつしかシンフォニーヒルズ本館「練習室1」
講 師
アシスタント

長澤紀仁(JinJin) http://jinjinviolao.seesaa.net/

ナナマリ http://nanamari.com/
受講料 3,000円(全4回)

▲ ページトップへ

25年度 かよちん夏のワークショップ 終了報告
テーマ『未来をつくる』
作業工程

○Morningデッサン

ご挨拶・説明~デッサン開始(約1時間20分)~講師講評
今回のMorningデッサンの課題は『くも』です。
雲の写真が貼ってあったので、みなさんお空の雲を描いてくれました。
『蜘蛛(クモ)』を描く人はいませんでしたが、かよちん教室は自由なので何でもOKです。
使う道具は、濃さの違う鉛筆5本と消しゴム・ねり消しのみです。
白い雲を黒い鉛筆で描くのは難しいですが、黒く塗ってから消しゴムやねり消しで色を取っていくと、立体感が出てきます。
鉛筆で濃淡をつけたり、指でこすってぼかしたり、色々な技にも挑戦しました。
最後に青空に浮かぶ雲を描いた人は、水彩絵の具で色を足して完成です。
もくもくした雲、ヒコーキ雲、細くたなびく雲、夜空の雲、ハートの形をした雲など、様々な雲が浮かび上がりました。

○油絵講座

13:00〜  ご挨拶・作業説明
13:30〜  油絵
16:00〜  講師講評・作品鑑賞
今回はかよちんオリジナルのキャンバスに絵を描きました。
2面になっていて、本のように真ん中から半分にたためます。

2面に違う絵を描いてオリジナルストーリーを作ったり、見開きにして大きく絵を描いたり、みんな自分のアイディアでステキな作品に仕上げました。

○アート大工さん

10:00〜  ご挨拶・説明
10:20〜  木材カット
12:00〜  お昼休憩
13:00〜  カート組立
16:00〜  組みたてたカートに模様を入れる
16:30〜  講師講評
木製のタイヤ付カートを作りました。
まず、必要な木材の長さを測って、のこぎりでカットします。
はじめは扱いが難しいのこぎりですが、お友達同士で協力して、慎重に切っていきます。
カットした木材をクギで止めます。
金づちの扱いも慎重に、2人1組でやります。
個々のパーツを、先生がドリルでカートの形に組み立てます。
木のタイヤを金具で止めて、カートは出来上がりました。

最後に自分の好きな模様を入れて完成です。
『みつろう』(ハチがつくったろう)に、クレヨンを溶かして、色つきみつろうにします。
模様は色つきみつろうで描きます。ほんのりとついた色が、木材によく映えます。
作ったカートにお気に入りを詰め込んで、お出かけしましょう♪


Morningデッサンと油絵講座参加者の皆さんの作品展覧会を開催しております!

こちらからぜひご覧ください⇒ CLICK!
開 催

【8月20日(水)】
10:00~11:30  Morningデッサン
13:00~17:00  油絵講座

【8月21日(木)】
10:00~11:30  Morningデッサン
13:00~17:00  油絵講座

【8月22日(金)】
10:00~17:00  アート大工さん

対 象 5歳以上
会 場 かつしかシンフォニーヒルズ 別館4階「アトリエ」
講 師 山野 賀代、山野 好民、小孫 哲太郎
受講料
(材料費込)
Morningデッサン 1,500円
油絵講座 5,000円
アート大工さん 6,000円

▲ ページトップへ


第3回日本の面展を開催しました!
たくさんのご来場ありがとうございました。

今回の面展は、古来より日本には能面をはじめ、多種多様の「面」があることを広く知っていただくことを目的に開催しました。

遠くは大阪、静岡、秋田から会期中4日間で1,300名を超える多くの方にご来場いただき、盛会裡に終了することが出来ました。
image


彩色体験や彫りの実演もありました。
image

出品作品ギャラリーをご覧いただけます⇒ CLICK!

実施日

2/8(金)~11(月・祝)

時 間 10:00~18:00(初日13:00~、最終日17:00まで)
会 場 かつしかシンフォニーヒルズ 本館ギャラリー1・ギャラリー2
実行委員 東野 一二(葛飾区)、関根 正樹(葛飾区)  
清水 和夫、野本 健三、石川 熊彦、駒場徳行
出品者 西野 定夫、後藤 敬、長島 勇、田中 和彦、佐藤 貞夫、西田 輝雄
布施 裕康、福原 敏蔵、白井 充夫、貫井 薫、大畑 弘之、設楽 清
井上紀美子、篠田 敏子、稗田あき子、松 美智子
主 催 3回日本の面展実行委員会

▲ ページトップへ

24年度 かよちん夏のワークショップ 終了報告
テーマ『未来をつくる』
作業工程

○デッサン講座(Morningデッサン・Eveningデッサン)

ご挨拶・説明~デッサン開始(約1時間20分)~講師講評
今回のデッサン講座では『球』のデッサンをしました。
鉛筆の濃さやタッチを変えて陰影をつけて、平面の画用紙に立体的な球を描きます。
単純な形ですが、時間がたつのを忘れてしまうぐらい、皆さん夢中に描いていました。

周りに影をつけて白い球を浮かび上がらせたり、球自体に影をつけて立体感を出すなど、
描き方は様々ですが、どれも素晴らしい作品に仕上がりました。

○油絵コース

13:00〜  ご挨拶・講師デモンストレーション・説明
13:30〜  油絵
16:30〜  講師講評・作品鑑賞
『未来をつくる』というテーマで、自由に皆さんに油絵を描いていただきました。
始めに講師のデモンストレーションがあり、段ボールでトイレ(便器)をつくりました。
エコで非常時にも使えて、かよちんのアイディアたっぷりの未来に生きる作品です。

受講生の皆さんは、未来の街や、空想の世界、夏の思い出などを、キャンバスいっぱいに描いてくれました。
真っ白なキャンバスに描くのは意外に難しく、はじめは戸惑ってしまいがちですが、
かよちん、よっちゃん、てっちゃんのアドバイスで、どんどん筆が進むようになりました。
油絵コース受講生皆さんの力作をぜひご覧ください。

○座れる油絵

13:00〜  ご挨拶・説明
13:20〜  大工仕事(イスに使用する木材の切断など)
14:30〜  イスの組みたて
15:30〜  組みたてたイスに油絵具でペイント
17:00〜  講師講評
今回初めてかよちんワークショップに大工仕事を取り入れてみました。
木製のイスを作って、油絵具でペイントします。
まず、イスの足の部分となる木材をのこぎりで切っていきます。
はじめは扱いが難しいのこぎりですが、お友達同士で協力して、慎重に切っていきます。

カットした木材を組みたててイスにします。

組みたてたイスに油絵具で絵を描いたり、ペイントして完成です。
初対面のお友達と協力して、ものを作り出す喜びを感じられた講座でした。

油絵コースの作品展覧会を開催しております!こちらからぜひご覧ください。

開 催

【8月6日(月)】
13:00~17:00 油絵コース
18:00~19:30 Eveningデッサン

【8月7日(火)】
10:00~11:30 Morningデッサン
13:00~17:00 油絵コース

【8月8日(水)】
10:00~11:30 Morningデッサン
13:00~17:00 座れる油絵(イスの工作&ペイント)

対 象 5歳以上
会 場 かつしかシンフォニーヒルズ 別館4階「アトリエ」
講 師 山野 賀代、山野 好民、小孫 哲太郎
受講料
(材料費込)
Morningデッサン、Eveningデッサン 2,500円
油絵コース、座れる油絵 5,000円

▲ ページトップへ

「仙道さおりのカホン・ワークショップ&ミニ・ライブ」 終了報告

葉加瀬太郎コンサートツアーのレギュラーメンバーをはじめ多くのミュージシャンたちと共演をされているパーカッショニストの仙道さおりさんをお招きして、カホンのワークショップを開催しました。
カホンには高さサイズがあるので、全員でカホン選びからスタート。マイカホンで参加の方もいらっしゃいます。
先ずは、やたらと叩いてみる。2分ぐらい叩いていると掌が赤らんできます。
目の前で仙道さんのデモンストレーション。手が早くてよくわかりませんが、刻まれるリズムに聴きいってしまいます。
軽い感じで叩きながら、叩く場所や手や指の使い方によって音が変化することを学びます。
仙道さんが叩くリズムに合わせて、皆で叩く。さらに一人ずつソロに挑戦。クラップ(手を叩くこと・CLAP)も混ぜて、リズム遊びが続きます。
クラップで良い音を出すコツも伝授。カホンを使わずに手拍子と足拍子でリズム感を身体で覚えていきます。皆さん、なかなか筋がいいです。
カホン以外にもパンデイロやアゴゴベル、パワーチャイムなどの小物打楽器も体験しました。
90分のワークショップの後は、ピアニスト林正樹さんとのデュオ(グループ名:アルカイック)を堪能。たった2つの楽器しかないのに、奏でられる音楽はとてもメロディアス。小物類の打楽器を駆使しながら音が繋がっていきます。
聴き心地がとにかくよく、クオリティの高いライブでした。
参加者大満足のカホン・ワークショップ。次回は、ジュニア向けに企画しよう!と仙道さんと約束しました。

カホンってどんな楽器なの?

クラップでリズム感を養うことも
カホンを叩くうえで需要なんです。

***

足でも拍子をとると、あれっ、手が追いつかない。

仙道さんと林さんを囲んでパチリ!

開催日 2012年7月24日(火) 14:00開講
会 場 かつしかシンフォニーヒルズ本館・練習室1
▲ ページトップへ

「ワンディ さくっと狂言 in かつしか」 終了報告

能楽師狂言方大藏流の若き改革者・大藏基誠(おおくらもとなり)プロデュース!
古典芸能を見るだけでなく、体験できる舞台とワークショップで、大人も子ども大いに笑い楽しんでいただきました。
お客さんをトコトン笑わせてくれたのは、大藏基誠(もとなり)さん、大藏千太郎(せんたろう)さん、大藏教義(のりよし)さん、善竹富太郎(ぜんちくとみたろう)さん。
皆さん、いつも一緒の大藏ファミリー。息もピッタリでした。
舞台を歩いたり、声を出してみたりのワークショップもたっぷり1時間。
終演後は、記念撮影会も開催して、無事終了。

「また、やってください!」というたくさんの リクエストをいただきましたので、 近いうちにまたやりましょう。

本番を待つ、狂言の舞台

「盆山(ぼんさん)の演目を終え、お客様に説明する基誠さん。中央は善竹さん、右は教義さん。

***

休憩後の演目「蝸牛(かぎゅう)」を終え、いよいよお楽しみのワークショップスタート。
お客さん全員に立っていただいて、
基本中の基本「かまえ」をやってみました。

かまえを覚えたら、今度は舞台上で、そのままの姿勢で実際に歩いていただきました。
最初はゆっくり、徐々に早歩き。

***

終演後、狂言衣装の大藏ファミリーと記念撮影会。

開催日 2012年1月14日(土)14:00開演
会 場 かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール
出 演 大藏 基誠、大藏 千太郎、大藏 教義、善竹 富太郎

▲ ページトップへ

23年度 夏のかよちん『シンプルに油絵』 終了報告
メッセージ&ラブレター

○デッサン講座

10:00-  ご挨拶・説明
デッサン開始
11:20-  講師講評

デッサン講座ではかぼちゃや流木、絵の具のチューブなどの静物のデッサンをしました。
濃さの違う鉛筆6本を使って、濃淡を出していきます。
初めての方が多かったようですが、みなさん素晴らしい作品に仕上げてくれました。

○油絵講座

13:00-  ご挨拶・説明
13:30-  油絵
15:30-  講師講評・作品鑑賞

油絵講座では『メッセージ&ラブレター』をテーマに自由に絵を描きました。
好きな花や動物、景色、人、色をキャンバスいっぱいに描いてくれました。
みなさんの作品が並ぶと、アトリエはカラフルな美術館のようです。
最後に先生より講評をいただき、完成した作品を持って解散となりました。

 

今回講座に参加していただいたみなさんの作品をご覧いただけます。

こちらをクリックしてください⇒
開催日

デッサン講座
8月2日(火)、3日(水) 各日とも10:00~11:30

油絵講座
8月1日(月)、2日(火)、3日(水) 各日とも13:00~17:00

対 象 5歳以上
会 場 かつしかシンフォニーヒルズ 別館4階「アトリエ」
講 師 山野 賀代、山野 好民、小孫 哲太郎
受講料
(材料費込)
デッサン講座 2,500円
油絵講座 4,800円

▲ ページトップへ

もりちよこと野口義修のうたづくり<作詞・作曲>1日セミナー 終了報告

実施日=2011年6月4日(土)
時 間=13:30~16:30
会 場=かつしかシンフォニーヒルズ別館2階 ビジュアルルーム
30人の受講生が参加し、うたづくりのコツや面白さを教わりました。
13:30~ 講義
作詞について
作曲について
もり先生、野口先生の作品鑑賞

14:40~

うたづくり説明
うたづくりにチャレンジ
野口先生作曲の課題曲に、もり先生が一部歌詞をつけ、残りの部分を受講生が作詞しました。
15:35~ みんなで作品鑑賞会
講師コメント
16:15~ 質問コーナー/終わりのあいさつ
初めて作詞をする方もたくさんいましたが、講師の先生の丁寧な指導で、皆さん素敵な作品を作ってくれました。
作詞・作曲とも難しそうなイメージがありましたが、普段の何気ない会話の中にヒントがあったり、言葉のイントネーションや鼻歌で簡単に曲が作れたりと、この講座でとても身近なものに感じました。

***

*** ***
開催日 6月4日(土)
対 象 中学生以上
会 場 かつしかシンフォニーヒルズ別館2階 ビジュアルルーム
指 導 もりちよこ、野口義修(のぐち よしのぶ)
受講料 1,500円

▲ ページトップへ

プロカメラマン加古政雄による 1日動画教室 終了報告

実施日=2011年5月29日(日)
時 間=14:00~16:30
会 場=かつしかシンフォニーヒルズ別館2階 ビジュアルルーム
当日はあいにくの雨でしたが、25人の受講生が出席して、動画撮影のコツを教わりました。

14:00~

講義
カメラの構え方から、伝える動画作りのポイントまで。
15:20~ 撮影実習
ギャラリーで開催していた『葛飾の美術家展』で撮影をさせていただきました。
16:00~ 質疑応答
・料理写真を撮りたい
・ステージ写真を撮りたい
・子どもが遊んでいる姿を撮りたい
・運動会での撮影
・水中での撮影方法
・旅行先の景色の撮影
皆さんの日頃の疑問質問に一つずつ丁寧に答えていただきました。
今ではすっかり身近な存在となったカメラですが、ちょっとしたコツをつかんだり、
少し手を加えるだけで、もっと楽しくなります。
また、「いつ」「誰が」「どこで」「何をした(している)」という起承転結の要素を盛り込むことで、伝わる動画を撮影することができました。

開催日 5月29日(日)
対 象 高校生以上の初心者
会 場 かつしかシンフォニーヒルズ別館2階 ビジュアルルーム
指 導 加古 政雄(株式会社スポニチクリエイツ カメラマン)
深野 芳明(株式会社スポニチクリエイツ カメラマン)
那須 弓子(フリーディレクター、邦楽プロデューサー)
受講料 1,000円

▲ ページトップへ

葛飾吹奏楽団ジュニアバンド 第6回ハートフルコンサート
モーツァルトホール 2011年4月3日(日) 14:00開演
4/3(日)の第6回ハートフルコンサートでは、東北地方太平洋沖地震の被災地への義援金を募り135,752円の募金が集まりました。
ご協力くださった皆様、ありがとうございました。
この募金は、葛飾区を通じて全額を被災地にお送りしましたことをご報告いたします。

指 揮=林 紀人、谷田部 敬一
第一部=吹奏楽のしらべ、アンサンブルステージ
第二部=みんなで一緒に歌おうステージ 【歌:原尾 祥子】
第三部=ジュニア ポップス・オン・ステージ
主 催=葛飾吹奏楽団・葛飾吹奏楽団ジュニアバンド友の会

▲ ページトップへ

ルドルフとイッパイアッテナ『舞台裏体験講座』 終了報告

実施日=2010年12月18日(土)
時 間=16:20~17:00
会 場=かめありリリオホール

親と子どものミュージカル『ルドルフとイッパイアッテナ』の終演後、舞台裏体験講座を実施し、40名を越える方が参加してくれました。
はじめに舞台の照明、音響についての説明を聞き、実際に舞台に上がって舞台上のセットや裏側を見学しました。

諸注意 ・舞台の説明(舞台セットなど)

音響の説明(ピンマイクやエフェクト効果など)

***

照明の説明(ピンスポットやホリゾントライトなど)

出演者紹介

***

舞台上で記念撮影

普段見ることの出来ない舞台の裏側を見学して、貴重な体験ができました。
また、実際に演じている役者さんが案内をしてくれたので非常にわかりやすく、裏話も聞けて楽しい講座となりました。
この講座でお芝居(ミュージカル)や舞台に少しでも興味を持ってくれたら、嬉しいです。
開催日時 12月18日(土) 16:20~17:00
対 象 5歳以上
参加料 無料(事前申込制)
会 場 かめありリリオホール
講座指導 ミュージカルカンパニー イッツフォーリーズ
ルドルフとイッパイアッテナ出演者、制作スタッフ、他

▲ ページトップへ

落語家講座おさらい会 終了報告

実施日=2010年10/11(月・祝)
時 間=11:00~18:30
会 場=かつしかシンフォニーヒルズ 別館5階レインボー

7月から始まった落語家講座のおさらい会が10月11日体育の日に開催されました。
落語に興味があった、人前で話せるようになりたい、特技を増やしたい等で参加していただいた入門コースの受講生12名と、若干の経験がある初級コースの受講生19名が、今までの成果を披露してくれました。
全員着物で登場し、満席の会場は華やかさと笑いに包まれていました。

プログラム
11:00‐ 開会のあいさつ:入船亭扇好師匠
11:05‐ 第一部:入門コースの受講生 12名
13:10‐ 入船亭扇好師匠の一席
13:40‐ お仲入り(大道芸)
13:50‐ 第二部:初級コースの生徒 19名

当日の演目はこちらをご覧ください。

開催日時 10月11日(月・祝) 11:00~18:30
入場料 無料
会 場 かつしかシンフォニーヒルズ
別館5階「レインボー」
講座指導 入船亭 扇好(落語家協会所属・真打)

▲ ページトップへ

小林十市バレエ講座 Cコース・Dコース 終了報告
実施日=2010年10月3日(日)・24日(日)
時 間=11:00~13:00、15:00~17:00
会 場=かつしかシンフォニーヒルズ本館地下 練習室1
10月は16歳以上の初心者・未経験者を対象としたCコースと、19歳以上の経験者を対象としたDコースのレッスンが実施されました。
筋肉の使い方や動作のポイントなど丁寧に指導していただき、的確なアドバイスで細かいところを直していただきました。
レッスンの終盤ではかなり難しい動きも入って、本場の空気を感じていただけたのではないでしょうか。
また、どちらのコースもピアニストの生演奏でのレッスンで、クラシックの名曲や動作に合った音楽を即興で演奏していただきました。
昨今では生演奏でレッスンをする教室は少なく、受講生にとって貴重な機会となったようです。

Cコース
11:00~ ストレッチ
11:10~ バーレッスン
12:20~ センターレッスン
両足で真っ直ぐ立つことや、重心を下に向ける等、美しい姿勢作りにつながるレッスン。

Dコース
15:00~ バーレッスン
16:10~ センターレッスン
バーで一つ一つの動作のポイントをおさえ、センターで応用。

開催日 Aコース 9月5日(日)・12日(日) 11:00~13:00
Bコース 9月5日(日)・12日(日) 15:00~17:00
Cコース 10月3日(日)・24日(日) 11:00~17:00
Dコース 10月3日(日)・24日(日) 15:00~17:00
対 象 Cコース 16歳以上の初心者・未経験者
Dコース 19歳以上の1年以上の経験者
会 場 かつしかシンフォニーヒルズ本館地下 練習室1
講 師 小林 十市・星 弘美(ピアニスト)
受講料 Cコース:6,000円
Dコース:10,000円

▲ ページトップへ

小林十市バレエ講座 Aコース・Bコース 終了報告
実施日=2010年9月5日(日)・12日(日)
時 間=11:00~13:00、15:00~17:00
会 場=かつしかシンフォニーヒルズ本館地下 練習室1
9月は10歳~15歳の初心者・未経験者を対象としたAコースと、13歳~18歳の経験者を対象としたBコースのレッスンが実施されました。
どちらのコースもピアニストの生演奏で、ストレッチからバーレッスン・センターレッスンまで丁寧に指導していただきました。

Aコース
11:00~ ストレッチ
11:10~ バーレッスン
12:30~ センターレッスン
「真っ直ぐ立つ」をテーマに、細かい筋肉の使い方や柔軟性を養うレッスン。

Bコース
15:00~ バーレッスン
16:00~ センターレッスン
「真っ直ぐ立つ・足の裏を使う・床を押す」等、バーで練習したものをセンターで応用。

開催日 Aコース 9月5日(日)・12日(日) 11:00~13:00
Bコース 9月5日(日)・12日(日) 15:00~17:00
Cコース 10月3日(日)・24日(日) 11:00~17:00
Dコース 10月3日(日)・24日(日) 15:00~17:00
対 象 Aコース 10歳~15歳の初心者・未経験者
Bコース 13歳~18歳の経験者
会 場 かつしかシンフォニーヒルズ本館地下 練習室1
講 師 小林 十市・星 弘美(ピアニスト)
受講料 Aコース:3,000円
Bコース:5,000円

▲ ページトップへ

22年度 夏のかよちんと遊ぼう!『型とって油絵してみよう』終了報告
夏のかよちんが帰ってきたの巻!

作業工程
10:00‐ ご挨拶・説明
10:30‐ 粘土で型作り
11:30‐ 作った型に石膏を流す
12:30‐ お昼休憩
13:30‐ 取りだした型を木枠にはめて油絵の具でペイント
15:30‐ 講師講評

 

今回は自分や自分の好きなもので取った型に、油絵の具でペイントしました。
受講生は粘土や、普段触れることのできない石膏・油絵の具の感触を楽しんでいたようです。
取りだした型は大きな木枠に入って、立派な作品に仕上がりました。
最後に先生より講評をいただき、完成した作品を持って解散となりました。

 

【講師の先生の講評・感想】
おもしろ楽しく、しかも緊張感にあふれた心地よい時間を過ごすことができました。
受講生みんなが、作品創作の中で新しい自分を発見し、今まで持っていた自分の良さも再認識できたのではと思います。
限られた時間の中で、誰もが枠をはみ出す大きな作品を創ってくれました。
これからも、その感性を大切に、いつでも取り出せるようにしてください。
講師3人とも受講生の皆様にまた会える日を楽しみにしております。ありがとうございました。

開催日 Aコース 7月26日(月)
Bコース 7月27日(火)
Cコース 7月28日(水)
Dコース 7月29日(木)
各日とも10:00~16:00(お昼休憩あり)
対 象 小学生以上
会 場 かつしかシンフォニーヒルズ別館4階アトリエ
講 師 山野 賀代、山野 好民、小孫 哲太郎
受講料 6,000円(材料費・昼食代込)

▲ ページトップへ